ウォーゲーム

2012年2月17日 (金曜日)

なに一つ強奪してはならぬ

寛容と残酷が一王国をかけて賽をふれば、やさしい前者が勝つに決まっているからだ。
 (ウィリアム・シェイクスピア『ヘンリー五世』第三幕第六場より)

 

◆先日拙Blogに「Agincourt SPI」の検索ワードにHITしておいでいただいた方がおられたようです。

 Agincourt(アザンクール、アジャンクールとも。英語ではエジンコートといったような読み方をするみたいです)の戦いか・・・

 懐かしい。

 英仏(第一次)百年戦争において活躍した英王ヘンリー五世の名を欧州に轟かせた一戦です。

 え、いや別に私がその時代に生きていて懐かしいとか、前世がこの戦場にいたとか、そんな摩訶不思議な話ではなくて、昔のウォーゲームを思い出したのですよ。

 SPI版のAgincourtは相当なレアもので、残念ながら私も所有しておりませんが・・・ 同じ合戦を舞台にしたウォーゲームがあったような・・・

 

 ガサガサ(((*★??*??★*)))ヘ(・_・ヘ)ゴソゴソ

 

 したらばこんなん出て来ましたわ。

Kicx3892  GDW社から1978年に出版された“Battle of Agincourt - 1415 AD”。いわゆる「120シリーズ」の一つです。

 45分でルール把握、120分でゲーム終了、を謳った軽便なウォーゲームとして販売されていました。今回はこれをソロプレイしてみましょう。
 

Kicx3914  戦場となる地図版はこんな感じ。淡白です。
 百年戦争の当初、大陸のカレーへ進軍するヘンリー五世率いるイギリス軍。対するは(多分)2万5千もの兵力でヘンリーを迎え撃たんとするオルレアン候らの諸侯からなるフランス軍。そのイギリス軍の軍勢は僅か6千(推定)。

 フランス軍は両翼を塞がれた形となった幅の狭い戦場を選び、広く両翼に布陣して側面からの攻撃を図ろうとするイギリス軍の長弓兵の配置を阻害しようと考えました。

 ところがイギリス軍は寡兵であることも手伝ってコンパクトな布陣に成功し、幅の狭い両翼前線に長弓兵を集中して配置します。

Kicx3919 更に長弓兵にはあらかじめ杭を持たせ、布陣した位置ににわか作りの簡単な馬防柵を設けさせました。
 騎兵や歩兵からの攻撃を防護するためです。

 なんだか長篠の合戦を彷彿とさせます。
 

Kicx3939  ユニットを配置した状態です。

 両軍の布陣を見るとそのユニットの数の差は明らか。
 ところがフランス軍の多くは徴用兵と騎士達。民間人から徴発された兵士は士気も練度も低く、騎士は戦闘力は高いものの、貴族という立場からくるプライドにより戦場で容易にコントロールできる者たちではありませんでした。
 対する英軍はよく訓練され熟練を要する長弓の扱いを叩き込まれた長弓兵(『日曜礼拝のあとには必ず弓の訓練すること』とのお触れがあったと小耳に挟んだことがありますが果たして・・・)を主にした、言わば職業軍人化して場慣れした強者たち。更には国王自らがこれら「卑賤な」歩兵と共に進軍し彼らの士気は大いに高まっていたとされています。

Kicx3947  フランス軍が進軍を開始します。

 このゲームではイギリス軍が動いてせっかくの馬防柵からのこのこと出てゆく必要はありません。フランス軍の初期配置の場所からでもイギリス軍の弓兵の射撃はフランス軍を圧倒するだけの力を持っています。

 一方のフランス軍はイギリス軍ユニットの除去と戦線の突破が勝利条件になっている上、白兵戦によらなければそのイギリス軍ユニットを除去出来る可能性はまずありません。

 故にフランス軍はイギリス軍の弓兵の猛射、正に矢の雨の中、何が何でもイギリス軍に肉薄しなくてはならないのです。

Kicx3951  ところがこの序盤で既に損害が出始めています。

 イギリスの勝利条件はフランス軍を35ユニット除去する事。フランス軍にとって、序盤にしてこの損害は決して小さな犠牲では済みません。
 

Kicx3962  進軍するフランス軍に応じてイギリス軍が突入します。この写真は英仏共に最初の戦闘が終了した状況です。
 

Kicx3965  既にフランス軍は相当な出血を強いられています。戦線もところどころに穴が。
 フランス軍の勝利条件は自軍が敗北となる前にイギリス軍を25ユニット除去する事。ところがこの時点ではイギリス軍の損害は殆どありません。その上、自軍ユニットが15ユニット除去されたため、今後フランス軍の士気値が-1されてしまいます。とうとうフランス軍に暗雲が立ち込め始めました。

Kicx3983  戦闘終了時。僅か7ターン目です。

 フランス軍右翼が善戦したものの他は総崩れに近い状態です。
 

Kicx3988  フランス軍の損害は総数72ユニット中の35ユニットに達し、ここでフランス軍の敗北が確定しました。
 

Kicx4014  イギリス軍の損害。 14ユニットが失われました。

 思ったより大きな損害です。
 史実ではフランス軍はオルレアン候シャルルを捕虜とされ、1万を超す兵力を失い、文字通り壊滅と言ってよい損害を受けました。一方のイギリスは僅か数百の犠牲だったとか。

 フランス軍としては騎兵を如何に巧く使うか、これによって勝敗が決しそうな気がします。
 以前何度かプレイしましたが、明らかなミスをした1回を除けばイギリス軍があっさり勝っています。ゲームという「競技」としては首を傾げざるを得ませんが、「ゲーム」というより「シミュレーション」として当時の戦場を追体験できるモノ、と割り切った方が良さそうです。
 しかし、こうして改めて見返してみるとやってできないことはなさそう・・・ かも? 早々簡単に勝てるとは思えませんが。

 

◆これよりシャルル七世の活躍までしばらくの間フランス軍はイギリス軍に辛酸を舐めさせられる事になりますが、それはまた後のお話。このアザンクールノ戦いの後ヘンリー五世は見事イングランドに凱旋を果たしたという事です。

 この百年戦争でイギリスは最終的には広大なフランスの地を手放す事になりましたが、戦乱の元となる国境争いが解消されたた点で両国は安定の基礎を得ることになりました。

 

◆この百年戦争にまつわる戯曲の多くをシェイクスピアはしたためていますが、演じられるのは「リチャード三世」くらいのようです。相当昔にBBCが一部演出をTV用に手直しし放送していた時に観たくらいかな? 白水社の新書で読むことが出来ます。あれもどっかに行っちゃったから、機会があったらまた買いなおして読んでみようかな・・・
 (;一一)

 

 体重【81.80】kg (またすぐ増えそう・・・)
 歩数【296】歩 (今日はどうでもいいや)

 

 

 ※リンクについてのおことわり:
 記事内の〔AA〕は
「Amazonアソシエイト・プログラム」へのリンクを、〔RA〕は「楽天アフィリエイト」へのリンクを意味しています。
 それ以外のリンクについては出来る限り公式のサイトへリンクするようにしています。公式以外のリンクについてはその旨明記致します。


 ※※TBへのおことわり:
 トラックバックは書き込み後に一端保留され、管理人が内容を確認した後に公開(削除)されます。悪しからずご了承下さいませ。

 

 にほんブログ村 ゲームブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 にほんブログ村 トラコミュ 電気に頼らないゲームへ 電気に頼らないゲーム
 ↑
 お気に召したら「ぽちっ」と押してやって下さい(m。_。)m オネガイシマス
 ランキングだけのサイトと違って、「トラコミュ」って機能が面白いのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月13日 (土曜日)

読めないわ凹むわでグッタリ。

◆今日はゆったりできた土曜日。掃除してから、たまにはアナログゲームでも触ってみるか、とふと触れたのはアドバンスト・トブルク(←『ええげーむ』の販売サイトへ飛びます)

 第二次世界大戦での北アフリカの戦闘を扱った戦術級のゲームです。そういえば最後にシミュレーションウォーゲームのルールを読んだのはいつだったか、などと思いながらルールブックを繰ると ・ ・ ・ 

 

 

難しくて頭に入らない OTZ

 

 こんなに難しかったかな~( ̄Д ̄;;

 

 で、では気を取り直して、ウォーハンマーRPGのルールを読み込んでみようかとルールを繰ると ・ ・ ・ 

 

 

あまりに暗い世界観に凹む OTZ

 

 暗いのは知ってるし、そこが良い所なのですが、ちょっと今日の気分には合わなかったみたい。

 

 なんだかうまくいかないアナログゲームの今宵なのでした。

 あ、PECUNIA NON OLETのルールなら大丈夫か??

 

 

 体重【83.90】kg (もうちょい)
 歩数【882】歩 (さっぱり!)

 

 ※リンクについてのおことわり:
 記事内の〔AA〕は
「Amazonアソシエイト・プログラム」へのリンクを、〔RA〕は「楽天アフィリエイト」へのリンクを意味しています。
 それ以外のリンクについては出来る限り公式のサイトへリンクするようにしています。公式以外のリンクについてはその旨明記致します。


 ※※TBへのおことわり:
 トラックバックは書き込み後に一端保留され、管理人が内容を確認した後に公開(削除)されます。悪しからずご了承下さいませ。

 

 

 ブログランキング・にほんブログ村へ
 にほんブログ村 トラコミュ 電気に頼らないゲームへ 電気に頼らないゲーム
 にほんブログ村 トラコミュ TRPGへ TRPG
 
 ↑
 お気に召したら「ぽちっ」と押してやって下さい(m。_。)m オネガイシマス
 ランキングだけのサイトと違って、「トラコミュ」って機能が面白いのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月12日 (火曜日)

「ヴィンランド・サガ」の視点で「帝国の興亡」を見てみる。

◆最近ずっぽりはまった漫画。幸村誠の「ヴィンランド・サガ」。当代一、無類の強さを誇った戦士の父を持つ主人公トルフィン。その父の仇でアルトリウスの末裔アシェラッド。トルフィンの大叔父でこれまた無類の強さを誇る戦士「背高」トルケル。彼らが戦った当時の欧州はどうなっていたのか。

 ここにちょっとした参考書になりそうなゲームがあります。

 1989年に出版されたホビージャパン社のマルチプレイヤーズゲーム「EMPIRES OF THE MIDDLE AGES 帝国の興亡」です。8世紀から15世紀までのヨーロッパに割拠した様々な国々の君主として競い合うボードゲームです。

 うむ、時代的にもマッチング。

 で、これでちょっと「ヴィンランド・サガ」の舞台となった当時のヨーロッパを盤上に再現してみました。ってほど趣向を凝らしたのではありませんので、あしからずご容赦ください。

続きを読む "「ヴィンランド・サガ」の視点で「帝国の興亡」を見てみる。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 4日 (月曜日)

類稀なる逸品珍品。

◆随分以前に縁あって「いいもの」を激安価格(2,000円)で購入できました。

 それってば ・ ・ ・

Kicx9888  ←コレ。

 美国はアバロンヒル社より1980年に出版された「SAMURAI」であります。しかもなんと未開封であります!!

 いやもうなんスかコレ。なんで箱がピンクなんですかってそりゃ桜の花に見立てたんですよ絶対。その時点でもう絶句間違いなしw

Kicx9944  地図板を広げてみた。

 なんかエポックの「戦国大名」チックな地図、ってそりゃボーア戦争やオルメカ文明を扱ったゲームなら確かに地図は全っ然違うのでしょうが、やっぱり日本ですからコレでいいのだ(合掌

 映画の真珠湾とか最後の武士とかで嗚呼勘違い満載なアメリカン人の素晴らしさが体感できるゲームとあってぽこすけやや興奮気味。ハラショー。

 まずは地名から。

Kicx9961 この「Odaki」城ってのは大多喜城の読み間違え? 中途半端に漢字が読めるのなー。と変な感心をしてみたり。

 あー、あー、「小田喜」城か!? そっかそっか、そう考えるとこりゃたいしたもんだ。ウンウン。

Kicx9976  この「Yami」城ともなると何が何やら。

 でも、もしかしたらなにか出典があるのかも??? どうなんでしょう?

 

 人名になるともっとスゴイの。

Kicx9984  惜しい! 残念賞!! 清和源氏から採ったんだろうなあ。

 

Kicx9997  コレはピタリ賞!

 頼基と義家? 普通すぎてつまらない。

 

Kicx0022  極めつけはコレ。

 あたしゃやだよ、兎に仕えるのなんかw

 他にも「Fujiwara Nakamura」とか微妙(でもない)な変名が盛り沢山とあるのですが・・・

 

Kicx0028  そもそもこの四家(Fujiwara Taira Minamoto Hojo)だけで武士の誕生から江戸幕府の始まりまでを再現するとはいやはや、素晴らしい感性です。

 これには絶対誰も敵いませんが、むしろ敵いたくありません。

 

Kicx0055  コンポーネントを全部広げてみた。

 思ったよりユニット数が少ないね。

 あ、カミさんが広げてた生協の注文書が写ってしまった。

 

Kicx0080  じゃーん! 今回はこの間の買い物と違って名訳の誉れ高いホビージャパン社の和訳ルールがついているのだ。コレで鬼に金棒!!(?)

 システムはなんだかよく判らない(どうでもいい)けれど、天皇主催の花見に遅参するとハラキリだそうな(爆 

 イヤだから桜の花はね ・ ・ ・ ああ、梅の花なら少しそれっぽいか? 少し無理っぽいな。

 さて、買ったは良いが、実際に日の目を見る事はあるのでしょうか、このゲーム。 刮目して待て!
 絶対これには5,800円(当時の定価)は出さないよねー出したくないよねー。
 (;一一)

 

 体重【80.20】kg (やれば出来る子なんだ~!!)
 歩数【9,417】歩 (やれてないよ・・・)

 

 

 ※リンクについてのおことわり:
 記事内の〔AA〕は
「Amazonアソシエイト・プログラム」へのリンクを、〔RA〕は「楽天アフィリエイト」へのリンクを意味しています。
 それ以外のリンクについては出来る限り公式のサイトへリンクするようにしています。公式以外のリンクについてはその旨明記致します。


 ※※TBへのおことわり:
 トラックバックは書き込み後に一端保留され、管理人が内容を確認した後に公開(削除)されます。悪しからずご了承下さいませ。

 

 にほんブログ村 ゲームブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 にほんブログ村 トラコミュ 電気に頼らないゲームへ 電気に頼らないゲーム
 ↑
 お気に召したら「ぽちっ」と押してやって下さい(m。_。)m オネガイシマス
 ランキングだけのサイトと違って、「トラコミュ」って機能が面白いのです。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月 6日 (金曜日)

原点回帰。

◆秋葉原へよりますと、よく行くお店がRole&Roll Stationイエローサブマリン。アナログなゲームがわんさか積まれていて、見ているだけでワクワクします。

 殊にイエローサブマリンでは中古のゲームが販売されており、これを眺めて往時を懐かしむのもまた一興哉。お値段は些か張るものの、アッと驚くタメゴロー品もありまして、これがなかなか楽しいのです。

 いつもなら冷やかすだけの、客とも言えないメーワク千万な不埒ものでありますが、今回ばかりは眺めて終わるわけにはまいりませんでした。

Kicx5630  その品こそがコレ。

 アメリカはアバロンヒル社から1970年代(おそらくは1970年ちょうど)に出版されたPanzer Blitzです。

 箱の状態もとてもいいし、これが3,800円だってんだから黙っちゃいられない。他のお客さんに買い取られないよう即座に購入しました。尤も、その場で誰かに先取りされるなんて心配は無用だったと思いますが(笑

 なぜそれほどまでに欲しいと思ったのか。

 実はこれこそ私が始めて触れたウォーゲームなのです。

 当時は空前のミリタリーブーム。田宮模型のプラモデルが少年たちの心を掴んで放さなかった、そんな時代。先輩の家に集まって初めて手にしたウォーゲームこそがまさにこのPanzer Blitzなのでした。
 第二次世界大戦のターニングポイントととなる独ソ戦をテーマにしただけあって皆、興味津々。

 が、和訳がついていなかった(汗

 ほどなくしてホビージャパン社による和訳ルール付きで販売され、なけなしのお年玉で購入。ところどころ意味の通らないルールを片手に来る日も来る日も一人でいじり倒していました。

 ある意味ぽこすけのメモリアルウォーゲームだったPanzer Blitz。数度の引越しのドサクサでいつの間にやら廃棄され、その無念さにほぞを噛むも時既に遅し。

 

◆以下がこのゲームのコンポーネントです。久々に眺めるとその懐かしさに感涙です。

Kicx5471  この3枚の地図板を並べて数パターンの戦場を形成します。道路を通ればより素早く移動できるし、森を通れば敵の攻撃に晒され難くなります。

 地図板は6角形の「ヘクス」で区切られており、そのヘクスの地形によりユニットの移動力や防御力等が影響を受けます。この「ヘクス」は「大戦略」といったゲームをプレイされた方にはお馴染みなのでは?

Kicx5544  そしてこれが戦場を駆ける駒、「ユニット」です。

 左が戦後の戦車設計や運用に大きな影響を与えたソ連のT-34/76、右がドイツ陸軍の「軍馬」と称されたⅣ号戦車です。

Kicx5560  そのユニットを全部集めるとこんな感じ。

 かなりの数がありますが、プレイに使用するのはこのごく一部です。ゲームはいくつかの「シナリオ」をプレイする事になっていて、それによって使うユニットが違います。ユニットの数はちゃんと揃っていたようで一安心。

Kicx5592  ちょっとしたオマケ。

 前所有者の自作ユニットです。当時のゲーム雑誌(アメリカならGENERAL、日本ならシミュレイターかタクテクスでしょう)に掲載されていたシートをコピーして厚紙に貼って使うのです。こちらもありがたく使わさせて頂きます。

 

◆こんな紙とサイコロで遊ぶ懐かしのウォーゲーム。まさにぽこすけの原点であります。

 またプレイしてみようかと思いきや ・ ・ ・

 これまた和訳が無いのよ OTZ

 ルールの英文自体は簡単らしいのですが、いかんせん自分のスキルが足りなさ過ぎて。

 荒訳として使いたいしHJ社ので良いから誰か持ってないかな~
 (;一一)

 

 体重【81.10】kg (なんかちょっとヤバくない?)
 歩数計測せず (こういった油断がいけないのよね)

 

 

 ※リンクについてのおことわり:
 記事内の〔AA〕は
「Amazonアソシエイト・プログラム」へのリンクを、〔RA〕は「楽天アフィリエイト」へのリンクを意味しています。
 それ以外のリンクについては出来る限り公式のサイトへリンクするようにしています。公式以外のリンクについてはその旨明記致します。


 ※※TBへのおことわり:
 トラックバックは書き込み後に一端保留され、管理人が内容を確認した後に公開(削除)されます。悪しからずご了承下さいませ。

 

 にほんブログ村 ゲームブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 にほんブログ村 トラコミュ 電気に頼らないゲームへ 電気に頼らないゲーム
 ↑
 お気に召したら「ぽちっ」と押してやって下さい(m。_。)m オネガイシマス
 ランキングだけのサイトと違って、「トラコミュ」って機能が面白いのです。

 

Jgc_bn02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月 3日 (月曜日)

一夜明けて。

◆体調は悪くなく、ウツ症状もほとんど感じることなく過ごせました。

 今のところ体調管理はそこそこは巧くいっているのでしょうか。ただ、ここで油断すると即座に転落滑落墜落没落堕落崩落するので気を引き締めないといけません。
 とりあえずは今週の受診日で服薬量とかを含めこれからどうするか決めたいのですが、あまり慌てずにしばらくはもっと様子を見た方が良いのかもしれません。

 最近はあまり衝動買いもしないので、余裕はあるように見えますが、実は結構いろんなことにお金がかかってしまってたりして。TRPGのルールも月に2冊以上は買わないようにしないとなぁ。JGCの物販ブースは目の毒でしたよ。衝動買いの虫がうずきまくり~!!(爆

 でも取り敢えずはナイトメアハンター=ディープウォーハンマーRPGくらいは近々に買いたいのだけれど、まずはブッカーを買うところからはじめないとダメか・・・

 

 

 

 体重【81.60】kg (食事が不規則だったからなぁ)
 歩数【6409】歩 (お、結構良いぞ)

  ※リンクについてのおことわり:
 記事内の〔AA〕は
「Amazonアソシエイト・プログラム」へのリンクを、〔RA〕は「楽天アフィリエイト」へのリンクを意味しています。
 それ以外のリンクについては出来る限り公式のサイトへリンクするようにしています。
 公式以外のリンクについてはその旨明記致します。


 ※※TBへのおことわり:トラックバックは書き込み後に一端保留され、管理人が内容を確認した後に公開(削除)されます。悪しからずご了承下さいませ。

 

       にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 トラコミュ 電気に頼らないゲームへ
 電気に頼らないゲーム

 ↑お気に召したら「ぽちっ」と押してやって下さい(m。_。)m オネガイシマス
 トラコミュって機能が面白いのです。

| | トラックバック (0)

2007年8月18日 (土曜日)

机上の迷宮。

◆昨夜はあれから少しフェルマーの最終定理〔AA〕を読んでいるうちに結構落ち着いてきました。今一番足りないのはアナログゲーム分でなくて活字分? 数学は美しいのですね。

◆で、今日は掃除後にちょこっとアナログゲームを。

 デスメイズ/死の迷宮(RPGamer Vol.2付録)です。

 2度目の挑戦。前回はあまりにもあんまりなほどにあっさりと全滅。この汚辱を雪ぐべく再挑戦なのであります!

Kicx5510  パーティーは前列に戦士3名、中列に盗賊と魔術師2名。

 

 
○前列
 戦士 ディルビッシュ:HP9 斧と弓を装備。
 戦士 スポンツーン:HP9 ハンマーと弓を装備。
 戦士 コルセスカ:HP8 剣と弓を装備。
     <剣:1>

○中列
 盗賊 ラウェン:HP6 短剣と弓を装備。
     <罠解除:2>
 魔法使い ランソール:HP4 短剣とスローイングダガー装備
     魔法<突風><魔法の鎧>
 魔法使い スペタム:HP5 短剣とスローイングダガー装備
     魔法<雄弁>

 ちなみに名前は全てヨーロッパの棹状武器の名称です。

◆ではではいざ鎌倉じゃなかったダンジョンへ!

Kicx5578  最初の部屋でいきなりメデューサに遭遇!
 戦闘で6の賽の目を出されると攻撃を受けた者は石化してしまいます。<解石>の呪文など持っているわけも無い初心者パーティー。石化は即ち死を意味します。サイコロを振る手にも力が入ります。

 で・・・・

 たこ殴り(爆

 11ベザンツ(金)と+4の鎧(!!)をGET!!!

 のっけから賽の目もよくこりゃぁ縁起が良いワイと鼻歌交じりのパーティ。鎧は戦士のコルセスカに装備させます。HPが一挙に12に!

 お次の敵は・・・ミイラ男!!
 これまたあっさり勝利。9ベザンツ強奪。もうホントに強盗殺人(殺モンスター)です。

 次はオルグオグル。少々手強い上に回廊で遭遇したワンダリングモンスターなので持っているお宝も少ない。ので交渉してバイバイしようかと・・・

 交渉決裂。

 こういった時の為に<雄弁>を持った魔法使いを連れてきたのに使う機会をケチったのが仇となってしまいました。しかしこれまたなんの苦もなくKO。11ベザンツと<回復>の指輪GET!! 怪我の功名。

 その後も回復の泉で体力を回復できたり<雄弁>を使ってワンダリングモンスターのヘルハウンドと2回立て続けに和解できたりしてなんかだえらく調子が良い。
 (*^_^*)

◆しかしそんな余裕も長くは続かず、おごるパーティーは久しからずや。

 ワンダリングモンスターの巨大アリと立て続けに遭遇し次第に体力を消耗していくパーティ。
Kicx5886  更には盗賊のラウェンが室内のトラップ解除に失敗。毒ガス噴出で全員に1D3ダメージの失態。HPが1の魔法使いスペタム戦死
 その後も続々と回廊で巨大アリに遭遇。宝は手に入らないわHPは削れて行くわで次第に怪しい雰囲気が漂い始めます。せめて鎧を持ったコルセスカだけでも、と回復の指輪を使用。

 ・・・・パーティーの誰かが「もう帰ろうか」とでも言い出したのか、傷む身体を引きずりながら帰途に。

 しかしワンダリングモンスターに遭遇しまくり、ことごとく交渉決裂し、一文の得にもならない巨大アリどもと戦闘を繰り返しようやく最後の回廊へ。

 そこで彼らが目にしたのは出口の前に立ちふさがる人狼!!(めちゃ強い)
 交渉修正は9! どうあっても道を開けてくれそうにありません。

 止む無く戦闘。最後の力を振り絞ります。

 戦士ディルビッシュ戦死。
 戦士スポンツーン戦死。

Kicx5959  這う這うの体でようやく地上へ。

 最終的に生き残った3名各々の経験値は104。しかし一人頭の獲得金はわずか37ベザンツ。
 経験値はレベルアップに必要な75点を軽く超えているのですが、いかんせんベザンツは目標の100には程遠く。

 次回はもっとお金になるモンスターカモーン! と誓いを新たにするのでありました。まだ+4の鎧と試薬のメダルが残っているので今度はもう少し楽になるかな?
 レ(゜□゜レ)カカッテコイ!!

 

 

 体重【81.30】kg (81kg台を死守するのだ)
 歩数計測せず (ちょこっと表に出たくらいだからなぁ)

  ※リンクについてのおことわり:
 記事内の〔AA〕は
「Amazonアソシエイト・プログラム」へのリンクを、〔RA〕は「楽天アフィリエイト」へのリンクを意味しています。
 それ以外のリンクについては出来る限り公式のサイトへリンクするようにしています。
 公式以外のリンクについてはその旨明記致します。


 ※※TBへのおことわり:トラックバックは書き込み後に一端保留され、管理人が内容を確認した後に公開(削除)されます。悪しからずご了承下さいませ。

 

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村 ゲームブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 トラコミュ 電気に頼らないゲームへ
 電気に頼らないゲーム

 ↑お気に召したら「ぽちっ」と押してやって下さい(m。_。)m オネガイシマス
 トラコミュって機能が面白いのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 6日 (日曜日)

全滅プレイ・・・

■昨夜は優勝の歓びを噛み締めて「スーパーサッカー」を観る。

 優勝クラブの選手が勢ぞろい、って毎度のお祭り企画。

 いつもなら磐田とか鹿島といった強豪達が常連なのだが、昨夜に限ってはJEF千葉。

 それもまた感慨ひとしお。

 昨日の記事ではミスが多く、頻繁に振り切られていたと書いていた結城。実は体調不良だったようで、ハーフタイムにはゲロゲロしていたとか。正に己の限界に挑戦していたのか。
 オシム曰く「限界を超えると次の限界が立ちはだかる」 オシム自身も戦乱の中常に上を見上げながら生きてきたのだろうか。

 出演していたのは阿部、巻、水野、水本、坂本、佐藤(勇)、斉藤、林、羽生、立石。巻は番組途中から帰ったらしく、相当キツイ当たりに耐えていた事が伺われる。

 しかしPK戦の時、林が成功すると観客に対して拳を振り上げるシーンは実にかっこよくて。これで実力が伴えば人気も上がるのでは?

 ナビスコ優勝と言う「限界」を突破したJEF。是非とも「次の限界」を目指して欲しい。

■今朝起きてすぐにコンビニで全てのスポーツ新聞を買ったのは勿論! こんなに気持ちのいい朝は久しぶり(*^.^*)

続きを読む "全滅プレイ・・・"

| | コメント (0) | トラックバック (0)