ゲーム

2016年10月 8日 (土曜日)

電子系ゲーム禁止!

◆色々あってですね、ネトゲ、ソシャゲ、コンシューマー、PC、全ての電子系ゲーム禁止になっちゃいましたよ。

 双極性障害的にも身体的にも大変よろしくないとの診断で、当面、最低でも年内は厳禁との由。

 一番酷い時には1日2~4時間睡眠で某ネトゲしまくってました。2009年7月から2年弱はその状態が続いていたか。それでキツさを全く感じてなかったんですから完全に躁状態だったと思っています。

 ただ、はっきりと双極性障害とを診断を貰ったのではなく、現時点では「疑い」といえましょうか。一応ゲーム依存的なところだけでも押さえておく、と言う感じなのかな。まだ10日程度しか経過していませんが、電車で移動中にポケモンGOをする以外は全くゲームをプレイしていません。プレイ欲求もないので、手をつけない限りは大丈夫そうですね。これは少し安心しました。

 このブログでのこれまでの記事を読み返すとはっきりと躁状態が見て取れますね。恥ずかしいのでほとんど封印しました。

◆これからの趣味とか楽しみとか気晴らしとか暇つぶしには読書・マンガ・アニメ・アナログゲーム・ミリタリーに傾注することになるかなぁ。
 そんな最近「たそがれたかこ」を読みました。久々にガツンガツンと胸が打たれる話で読み応えあり。勢いでクリープハイプの曲も何曲かiTunesに落としました。驚くほどいい曲でたかことおーみの姿が目に浮かぶよう。このマンガとの相性もぴったりで、作者の入江喜和さん、さすがです。「傷つける」ってタイトルの曲なんかもう3巻の第23話のサブタイトルじゃないですか流石過ぎます。
 息子もクリープハイプは知ってたようですがあまり興味なかったみたいで残念。

 

 うん、気が向いたらまた更新するかな? (^^;;

 誰に向かって、なのかはわかりませんが、ではでは~

 

 

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ ブログランキング・にほんブログ村へ
 
 お気に召したら「ぽちっ」と押してやって下さい(m。_。)m オネガイシマス
 トラコミュって機能が面白いのです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月13日 (土曜日)

読めないわ凹むわでグッタリ。

◆今日はゆったりできた土曜日。掃除してから、たまにはアナログゲームでも触ってみるか、とふと触れたのはアドバンスト・トブルク(←『ええげーむ』の販売サイトへ飛びます)

 第二次世界大戦での北アフリカの戦闘を扱った戦術級のゲームです。そういえば最後にシミュレーションウォーゲームのルールを読んだのはいつだったか、などと思いながらルールブックを繰ると ・ ・ ・ 

 

 

難しくて頭に入らない OTZ

 

 こんなに難しかったかな~( ̄Д ̄;;

 

 で、では気を取り直して、ウォーハンマーRPGのルールを読み込んでみようかとルールを繰ると ・ ・ ・ 

 

 

あまりに暗い世界観に凹む OTZ

 

 暗いのは知ってるし、そこが良い所なのですが、ちょっと今日の気分には合わなかったみたい。

 

 なんだかうまくいかないアナログゲームの今宵なのでした。

 あ、PECUNIA NON OLETのルールなら大丈夫か??

 

 

 体重【83.90】kg (もうちょい)
 歩数【882】歩 (さっぱり!)

 

 ※リンクについてのおことわり:
 記事内の〔AA〕は
「Amazonアソシエイト・プログラム」へのリンクを、〔RA〕は「楽天アフィリエイト」へのリンクを意味しています。
 それ以外のリンクについては出来る限り公式のサイトへリンクするようにしています。公式以外のリンクについてはその旨明記致します。


 ※※TBへのおことわり:
 トラックバックは書き込み後に一端保留され、管理人が内容を確認した後に公開(削除)されます。悪しからずご了承下さいませ。

 

 

 ブログランキング・にほんブログ村へ
 にほんブログ村 トラコミュ 電気に頼らないゲームへ 電気に頼らないゲーム
 にほんブログ村 トラコミュ TRPGへ TRPG
 
 ↑
 お気に召したら「ぽちっ」と押してやって下さい(m。_。)m オネガイシマス
 ランキングだけのサイトと違って、「トラコミュ」って機能が面白いのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月12日 (火曜日)

「ヴィンランド・サガ」の視点で「帝国の興亡」を見てみる。

◆最近ずっぽりはまった漫画。幸村誠の「ヴィンランド・サガ」。当代一、無類の強さを誇った戦士の父を持つ主人公トルフィン。その父の仇でアルトリウスの末裔アシェラッド。トルフィンの大叔父でこれまた無類の強さを誇る戦士「背高」トルケル。彼らが戦った当時の欧州はどうなっていたのか。

 ここにちょっとした参考書になりそうなゲームがあります。

 1989年に出版されたホビージャパン社のマルチプレイヤーズゲーム「EMPIRES OF THE MIDDLE AGES 帝国の興亡」です。8世紀から15世紀までのヨーロッパに割拠した様々な国々の君主として競い合うボードゲームです。

 うむ、時代的にもマッチング。

 で、これでちょっと「ヴィンランド・サガ」の舞台となった当時のヨーロッパを盤上に再現してみました。ってほど趣向を凝らしたのではありませんので、あしからずご容赦ください。

続きを読む "「ヴィンランド・サガ」の視点で「帝国の興亡」を見てみる。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)