« 風呂上り用に | トップページ | このせかいはアマゾンがすくう。 »

2009年7月29日 (水曜日)

Not justice,I want to get truth.

 真実は見えるか。

 鉄の腕は萎え、鉄の足は力を失い、
 埋もれた砲は二度と火を吹くことはない。

 鉄の戦士は死んだのだ。

 狼も死んだ。獅子も死んだ。
 心に牙を持つものは、すべて逝ってしまった。

 だが砂漠の太陽にさらされながら巨人は確信していた、

 若者は今日も生き、若者は今日も走っていると。

 

 いやいや、これはまた懐かしいアニメです。「太陽の牙 ダグラム」。当時「リアルロボット系」とは言え顔の無いコンバットアーマーのデザインはカッコ悪いけどカッコ良かった。

 1980年代の渋くてお堅い政治劇が持ち味のロボットアニメでした。人の数と同じだけある正義ではなく、目の前にある「たった一つしかない真実」に向き合って人は何を選択するのか、って言えば良いのでしょうか。

 終盤、混迷する主人公側解放軍の情勢に乗じた連邦政府の切り崩し策にはめられ瓦解する様はなかなか頭で理解できるものではありませんでした。理想なくも野心みなぎるラコック政務官の暗躍とかも怖いくらい。いやーなんだか難しかったのよホントに。

 他にもフェスタの実に理不尽な死に様(調べたらその回のサブタイトルは『死神の執念』だとか。なるほど! と膝を打ちながらも、背筋が寒く・・・)やリタの惨めな最期、などモノクロの戦争映画のような、なにやら「凄み」を感じるストーリーでした。

 理想を叶える為には多少の矛盾や理不尽には目をつぶらなくてならない、と言う現実。しかしそれに目が慣れてしまうと、目的のためには手段を選ばなくなってしまうと言う本末転倒な矛盾が新たに芽吹いてしまう怖さが人間群像的に様々な視点で語れていたと記憶しています。

 

◆いやはや、こんな軍事マニアックに傾いたアニメもそうそうあるものではありません。今でもかなり貴重なミリタリー風アニメなのです。

 正直こんなマイナーなアニメのグッズを今どき販売するところなんて・・・ とおもいきやなんとなく彷徨っていたネットの海から妙な言葉をすくい上げました。

 リボルテックヤマグチNo.002・・・・?

 なにやら良く判らないまま衝動買い。

 あけてビックリ動かして二度ビックリ!

 これまたよく動くのですよグリグリと。

P1030538  なんと第1話を観ていた人なら感涙ものの「擱坐」ポーズまでできちゃうのよ!

 しかもそれ用の手パーツ付きで。

 これはもうこのポーズのためにリボルテックはある!と言ってもいいほどに可動性が高い。

 

◆ロケット団のようになんだかとってもいい感じ~!なのでもう少し買ってみたいな・・・

 例えば・・・

 リガードとか!!

 どうしてこんなのの造型に挑戦するのか全く理解できないけど、その意気に素晴らしさを感じて脳から変な汁が出まくるぽこすけなのでした。

 いや、ホントすげーよ(超絶賛)!!

 

 

 

 体重【84.00】kg (あんまり痩せないなあ)
 歩数【9,509】歩 (これじゃ痩せない) 

 

※リンクについてのおことわり:
 記事内の〔AA〕は
「Amazonアソシエイト・プログラム」へのリンクを、〔RA〕は「楽天アフィリエイト」へのリンクを意味しています。
 それ以外のリンクについては出来る限り公式のサイトへリンクするようにしています。公式以外のリンクについてはその旨明記致します。

 ※※TBへのおことわり:
 トラックバックは書き込み後に一端保留され、管理人が内容を確認した後に公開(削除)されます。悪しからずご了承下さいませ。

 

にほんブログ村テーマ アニメへ アニメ
にほんブログ村テーマ ロボットアニメ全般へ ロボットアニメ全般
 ↑
 お気に召したら「ぽちっ」と押してやって下さい(m。_。)m オネガイシマス
 ランキングだけのサイトと違って、トラコミュって機能が面白いのです。
 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

|

« 風呂上り用に | トップページ | このせかいはアマゾンがすくう。 »

アニメ」カテゴリの記事

本日の衝動買い」カテゴリの記事

コメント

(準)キターーーーーーッhappy01
ぽこすけのミリタリー(っぽい)解説が
来ましたね~
我が輩はとっても好きッス。
ラコック弁務官の狡猾な生き方が
嫌いでしたが、物語の大事な部分を占めて
いましたよね~( ̄ー ̄)ニヤリ
ところで・・次はリガートですか・・
マニアックなメカ狙いますね。さすがぽこすけ。
次回のネタに期待しています。
あ、将軍ってグループは松田優作主演の探偵物語の
主題歌を歌っていたグループです。

投稿: うめきち | 2009年7月30日 (木曜日) 07:35

★コメントありがとうございます(゜▽゜*)ニパッ♪


★うめきち様
 ウンウン(準)来たって感じですね。判ります。

 いや「ジュンヨウ」のジュンは隼ですが。イヤなんかちょっと違う。

 ラコックはねえ、もう中盤以降の副主人公ですね。
 北極ポートでの攻防は連邦vs解放軍ではなく、その連邦軍内で蠢くラコックの空恐ろしい生き方と軍部の駆け引き丁々発止が主眼になっていたと思います。
 ここまで濃厚な軍事色&政治色を畳み掛けられたらダグラムの存在なんて飾りです。偉い人達にはそれがわからんのです。

 リガードはですね、どうもリボルテック唯一の非人型フィギュアみたい。
 だからこそ表現できるであろう独特の造形美には期待せざるを得ません。辛抱溜まらんですよ、いやホント。素晴らしい。

 えー、探偵物語ってTVで何回か観たのですが、全然覚えていないやー。

 ってなんだかやけにボリュームあるコメント。

 やっぱりぽこすけの趣味嗜好の原点はミニタリー(陸上)なんだなぁ、と妙なところで実感してしまいました。


★またのコメント心よりお待ちしておりますm( __ __ )m

投稿: ぽこすけ@お返事 | 2009年7月30日 (木曜日) 18:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59182/45196697

この記事へのトラックバック一覧です: Not justice,I want to get truth.:

« 風呂上り用に | トップページ | このせかいはアマゾンがすくう。 »