« 土浦から帰宅中に(モブログ) | トップページ | 「ヴィンランド・サガ」の視点で「帝国の興亡」を見てみる。 »

2008年8月 4日 (月曜日)

類稀なる逸品珍品。

◆随分以前に縁あって「いいもの」を激安価格(2,000円)で購入できました。

 それってば ・ ・ ・

Kicx9888  ←コレ。

 美国はアバロンヒル社より1980年に出版された「SAMURAI」であります。しかもなんと未開封であります!!

 いやもうなんスかコレ。なんで箱がピンクなんですかってそりゃ桜の花に見立てたんですよ絶対。その時点でもう絶句間違いなしw

Kicx9944  地図板を広げてみた。

 なんかエポックの「戦国大名」チックな地図、ってそりゃボーア戦争やオルメカ文明を扱ったゲームなら確かに地図は全っ然違うのでしょうが、やっぱり日本ですからコレでいいのだ(合掌

 映画の真珠湾とか最後の武士とかで嗚呼勘違い満載なアメリカン人の素晴らしさが体感できるゲームとあってぽこすけやや興奮気味。ハラショー。

 まずは地名から。

Kicx9961 この「Odaki」城ってのは大多喜城の読み間違え? 中途半端に漢字が読めるのなー。と変な感心をしてみたり。

 あー、あー、「小田喜」城か!? そっかそっか、そう考えるとこりゃたいしたもんだ。ウンウン。

Kicx9976  この「Yami」城ともなると何が何やら。

 でも、もしかしたらなにか出典があるのかも??? どうなんでしょう?

 

 人名になるともっとスゴイの。

Kicx9984  惜しい! 残念賞!! 清和源氏から採ったんだろうなあ。

 

Kicx9997  コレはピタリ賞!

 頼基と義家? 普通すぎてつまらない。

 

Kicx0022  極めつけはコレ。

 あたしゃやだよ、兎に仕えるのなんかw

 他にも「Fujiwara Nakamura」とか微妙(でもない)な変名が盛り沢山とあるのですが・・・

 

Kicx0028  そもそもこの四家(Fujiwara Taira Minamoto Hojo)だけで武士の誕生から江戸幕府の始まりまでを再現するとはいやはや、素晴らしい感性です。

 これには絶対誰も敵いませんが、むしろ敵いたくありません。

 

Kicx0055  コンポーネントを全部広げてみた。

 思ったよりユニット数が少ないね。

 あ、カミさんが広げてた生協の注文書が写ってしまった。

 

Kicx0080  じゃーん! 今回はこの間の買い物と違って名訳の誉れ高いホビージャパン社の和訳ルールがついているのだ。コレで鬼に金棒!!(?)

 システムはなんだかよく判らない(どうでもいい)けれど、天皇主催の花見に遅参するとハラキリだそうな(爆 

 イヤだから桜の花はね ・ ・ ・ ああ、梅の花なら少しそれっぽいか? 少し無理っぽいな。

 さて、買ったは良いが、実際に日の目を見る事はあるのでしょうか、このゲーム。 刮目して待て!
 絶対これには5,800円(当時の定価)は出さないよねー出したくないよねー。
 (;一一)

 

 体重【80.20】kg (やれば出来る子なんだ~!!)
 歩数【9,417】歩 (やれてないよ・・・)

 

 

 ※リンクについてのおことわり:
 記事内の〔AA〕は
「Amazonアソシエイト・プログラム」へのリンクを、〔RA〕は「楽天アフィリエイト」へのリンクを意味しています。
 それ以外のリンクについては出来る限り公式のサイトへリンクするようにしています。公式以外のリンクについてはその旨明記致します。


 ※※TBへのおことわり:
 トラックバックは書き込み後に一端保留され、管理人が内容を確認した後に公開(削除)されます。悪しからずご了承下さいませ。

 

 にほんブログ村 ゲームブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 にほんブログ村 トラコミュ 電気に頼らないゲームへ 電気に頼らないゲーム
 ↑
 お気に召したら「ぽちっ」と押してやって下さい(m。_。)m オネガイシマス
 ランキングだけのサイトと違って、「トラコミュ」って機能が面白いのです。

 

|

« 土浦から帰宅中に(モブログ) | トップページ | 「ヴィンランド・サガ」の視点で「帝国の興亡」を見てみる。 »

アナログゲーム」カテゴリの記事

ウォーゲーム」カテゴリの記事

ボードゲーム」カテゴリの記事

本日の衝動買い」カテゴリの記事

コメント

いや~懐かしい。
開封前の新品がまだあったなんて奇跡ですなあ。
天皇主催の花見に遅参するとハラキリというルールが笑えました。

投稿: うめきち | 2008年8月 7日 (木曜日) 07:42

★コメントありがとうございます(゜▽゜*)ニパッ♪


★うめきち様
 本当に懐かしいゲームです。

 しかし、無念な事が一つ。
 そう、「未開封品」はこうして開封した瞬間に「未開封」と言うステータスをビニールのコーティングとともに失ってしまうのです。あな口惜しや。

 当時の5,800円は大金でしたものね。クリスマスプレゼントとお年玉をかき集めてはどんなゲームを買おうかと悶々としていましたよねー。


★またのコメントお待ちしておりますm( __ __ )m

投稿: ぽこすけ@お返事 | 2008年8月 7日 (木曜日) 23:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59182/42064284

この記事へのトラックバック一覧です: 類稀なる逸品珍品。:

« 土浦から帰宅中に(モブログ) | トップページ | 「ヴィンランド・サガ」の視点で「帝国の興亡」を見てみる。 »