2016年10月 8日 (土曜日)

電子系ゲーム禁止!

◆色々あってですね、ネトゲ、ソシャゲ、コンシューマー、PC、全ての電子系ゲーム禁止になっちゃいましたよ。

 双極性障害的にも身体的にも大変よろしくないとの診断で、当面、最低でも年内は厳禁との由。

 一番酷い時には1日2~4時間睡眠で某ネトゲしまくってました。2009年7月から2年弱はその状態が続いていたか。それでキツさを全く感じてなかったんですから完全に躁状態だったと思っています。

 ただ、はっきりと双極性障害とを診断を貰ったのではなく、現時点では「疑い」といえましょうか。一応ゲーム依存的なところだけでも押さえておく、と言う感じなのかな。まだ10日程度しか経過していませんが、電車で移動中にポケモンGOをする以外は全くゲームをプレイしていません。プレイ欲求もないので、手をつけない限りは大丈夫そうですね。これは少し安心しました。

 このブログでのこれまでの記事を読み返すとはっきりと躁状態が見て取れますね。恥ずかしいのでほとんど封印しました。

◆これからの趣味とか楽しみとか気晴らしとか暇つぶしには読書・マンガ・アニメ・アナログゲーム・ミリタリーに傾注することになるかなぁ。
 そんな最近「たそがれたかこ」を読みました。久々にガツンガツンと胸が打たれる話で読み応えあり。勢いでクリープハイプの曲も何曲かiTunesに落としました。驚くほどいい曲でたかことおーみの姿が目に浮かぶよう。このマンガとの相性もぴったりで、作者の入江喜和さん、さすがです。「傷つける」ってタイトルの曲なんかもう3巻の第23話のサブタイトルじゃないですか流石過ぎます。
 息子もクリープハイプは知ってたようですがあまり興味なかったみたいで残念。

 

 うん、気が向いたらまた更新するかな? (^^;;

 誰に向かって、なのかはわかりませんが、ではでは~

 

 

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ ブログランキング・にほんブログ村へ
 
 お気に召したら「ぽちっ」と押してやって下さい(m。_。)m オネガイシマス
 トラコミュって機能が面白いのです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月28日 (月曜日)

萌えキャラ って?

 過日、カミさんと一緒にお休みをいただいていた日の話です。

 

 秋空もすがすがしい我が家。そこにとてつもない爆弾が投下されたのです。

 午後の昼下がり、突然カミさんが妙な事を口にしまして…

 

 「ねぇ、『萌えキャラ』って好き?」って。

 

 いきなりの攻撃に慌てるワタシ。

 「え、いや、べ別にそんな事ないと思います…よ?」

 と 辛うじて返答。

 すると即座に

 「じゃなんであんなの(きっと八神はやてとティアナ・ランスターのフィギュア)買ったの? 別に隠さなくていいのに、何で萌えキャラが好きって、素直に好きって言えないの?(下線強調拡大筆者)」

 とかなりの詰問口調で切り返されました。

 これ以上うまい事を言えないと諦め、開いていた新聞を無言で閉じてテレをビつけ大相撲中継にチャンネルを合わせました。
 今にして思うとなんだか年寄り臭い行動だったな…


 
 うるさいなぁ、素直にスキって言ったら負けだと思ったんだよ……

 

 もう、なんなんだこの夫婦… (´ω`)トホホ

 

 ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 5日 (日曜日)

「クトゥルフの呼び声」したかったよ!!

◆今日はとっても懐かしいゲーム仲間から「クトゥルフの呼び声」のお誘いがかかったので何だか感激&懐かしい! でも当日は仕事でごめんなさいっ!><

 アナログゲームしなくなっちゃったね…

 たまにゲー友から情報を聞いたりするのですが、実際にプレイするのはもう年に1回もないですね(´・ω・)

 同窓会ゲーマーでさえなくなっちゃったよ…(ノД`)

 それでもJGCのメルマガとか来ると密かに心躍っちゃうのですよ。

 今年は思い切って行っちゃおっかな… 実際に行くことは無いんでしょうが、ちょっとだけそんな風に思ってみたりしました。

 

 

 ※リンクについてのおことわり:
 記事内の〔AA〕は
「Amazonアソシエイト・プログラム」へのリンクを、〔RA〕は「楽天アフィリエイト」へのリンクを意味しています。
 それ以外のリンクについては出来る限り公式のサイトへリンクするようにしています。公式以外のリンクについてはその旨明記致します。


 ※※TBへのおことわり:
 トラックバックは書き込み後に一端保留され、管理人が内容を確認した後に公開(削除)されます。悪しからずご了承下さいませ。

 

 にほんブログ村 ゲームブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 にほんブログ村 トラコミュ 電気に頼らないゲームへ 電気に頼らないゲーム
 ↑
 お気に召したら「ぽちっ」と押してやって下さい(m。_。)m オネガイシマス
 ランキングだけのサイトと違って、「トラコミュ」って機能が面白いのです。

 

Jgc_bn02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月17日 (金曜日)

なに一つ強奪してはならぬ

寛容と残酷が一王国をかけて賽をふれば、やさしい前者が勝つに決まっているからだ。
 (ウィリアム・シェイクスピア『ヘンリー五世』第三幕第六場より)

 

◆先日拙Blogに「Agincourt SPI」の検索ワードにHITしておいでいただいた方がおられたようです。

 Agincourt(アザンクール、アジャンクールとも。英語ではエジンコートといったような読み方をするみたいです)の戦いか・・・

 懐かしい。

 英仏(第一次)百年戦争において活躍した英王ヘンリー五世の名を欧州に轟かせた一戦です。

 え、いや別に私がその時代に生きていて懐かしいとか、前世がこの戦場にいたとか、そんな摩訶不思議な話ではなくて、昔のウォーゲームを思い出したのですよ。

 SPI版のAgincourtは相当なレアもので、残念ながら私も所有しておりませんが・・・ 同じ合戦を舞台にしたウォーゲームがあったような・・・

 

 ガサガサ(((*★??*??★*)))ヘ(・_・ヘ)ゴソゴソ

 

 したらばこんなん出て来ましたわ。

Kicx3892  GDW社から1978年に出版された“Battle of Agincourt - 1415 AD”。いわゆる「120シリーズ」の一つです。

 45分でルール把握、120分でゲーム終了、を謳った軽便なウォーゲームとして販売されていました。今回はこれをソロプレイしてみましょう。
 

Kicx3914  戦場となる地図版はこんな感じ。淡白です。
 百年戦争の当初、大陸のカレーへ進軍するヘンリー五世率いるイギリス軍。対するは(多分)2万5千もの兵力でヘンリーを迎え撃たんとするオルレアン候らの諸侯からなるフランス軍。そのイギリス軍の軍勢は僅か6千(推定)。

 フランス軍は両翼を塞がれた形となった幅の狭い戦場を選び、広く両翼に布陣して側面からの攻撃を図ろうとするイギリス軍の長弓兵の配置を阻害しようと考えました。

 ところがイギリス軍は寡兵であることも手伝ってコンパクトな布陣に成功し、幅の狭い両翼前線に長弓兵を集中して配置します。

Kicx3919 更に長弓兵にはあらかじめ杭を持たせ、布陣した位置ににわか作りの簡単な馬防柵を設けさせました。
 騎兵や歩兵からの攻撃を防護するためです。

 なんだか長篠の合戦を彷彿とさせます。
 

Kicx3939  ユニットを配置した状態です。

 両軍の布陣を見るとそのユニットの数の差は明らか。
 ところがフランス軍の多くは徴用兵と騎士達。民間人から徴発された兵士は士気も練度も低く、騎士は戦闘力は高いものの、貴族という立場からくるプライドにより戦場で容易にコントロールできる者たちではありませんでした。
 対する英軍はよく訓練され熟練を要する長弓の扱いを叩き込まれた長弓兵(『日曜礼拝のあとには必ず弓の訓練すること』とのお触れがあったと小耳に挟んだことがありますが果たして・・・)を主にした、言わば職業軍人化して場慣れした強者たち。更には国王自らがこれら「卑賤な」歩兵と共に進軍し彼らの士気は大いに高まっていたとされています。

Kicx3947  フランス軍が進軍を開始します。

 このゲームではイギリス軍が動いてせっかくの馬防柵からのこのこと出てゆく必要はありません。フランス軍の初期配置の場所からでもイギリス軍の弓兵の射撃はフランス軍を圧倒するだけの力を持っています。

 一方のフランス軍はイギリス軍ユニットの除去と戦線の突破が勝利条件になっている上、白兵戦によらなければそのイギリス軍ユニットを除去出来る可能性はまずありません。

 故にフランス軍はイギリス軍の弓兵の猛射、正に矢の雨の中、何が何でもイギリス軍に肉薄しなくてはならないのです。

Kicx3951  ところがこの序盤で既に損害が出始めています。

 イギリスの勝利条件はフランス軍を35ユニット除去する事。フランス軍にとって、序盤にしてこの損害は決して小さな犠牲では済みません。
 

Kicx3962  進軍するフランス軍に応じてイギリス軍が突入します。この写真は英仏共に最初の戦闘が終了した状況です。
 

Kicx3965  既にフランス軍は相当な出血を強いられています。戦線もところどころに穴が。
 フランス軍の勝利条件は自軍が敗北となる前にイギリス軍を25ユニット除去する事。ところがこの時点ではイギリス軍の損害は殆どありません。その上、自軍ユニットが15ユニット除去されたため、今後フランス軍の士気値が-1されてしまいます。とうとうフランス軍に暗雲が立ち込め始めました。

Kicx3983  戦闘終了時。僅か7ターン目です。

 フランス軍右翼が善戦したものの他は総崩れに近い状態です。
 

Kicx3988  フランス軍の損害は総数72ユニット中の35ユニットに達し、ここでフランス軍の敗北が確定しました。
 

Kicx4014  イギリス軍の損害。 14ユニットが失われました。

 思ったより大きな損害です。
 史実ではフランス軍はオルレアン候シャルルを捕虜とされ、1万を超す兵力を失い、文字通り壊滅と言ってよい損害を受けました。一方のイギリスは僅か数百の犠牲だったとか。

 フランス軍としては騎兵を如何に巧く使うか、これによって勝敗が決しそうな気がします。
 以前何度かプレイしましたが、明らかなミスをした1回を除けばイギリス軍があっさり勝っています。ゲームという「競技」としては首を傾げざるを得ませんが、「ゲーム」というより「シミュレーション」として当時の戦場を追体験できるモノ、と割り切った方が良さそうです。
 しかし、こうして改めて見返してみるとやってできないことはなさそう・・・ かも? 早々簡単に勝てるとは思えませんが。

 

◆これよりシャルル七世の活躍までしばらくの間フランス軍はイギリス軍に辛酸を舐めさせられる事になりますが、それはまた後のお話。このアザンクールノ戦いの後ヘンリー五世は見事イングランドに凱旋を果たしたという事です。

 この百年戦争でイギリスは最終的には広大なフランスの地を手放す事になりましたが、戦乱の元となる国境争いが解消されたた点で両国は安定の基礎を得ることになりました。

 

◆この百年戦争にまつわる戯曲の多くをシェイクスピアはしたためていますが、演じられるのは「リチャード三世」くらいのようです。相当昔にBBCが一部演出をTV用に手直しし放送していた時に観たくらいかな? 白水社の新書で読むことが出来ます。あれもどっかに行っちゃったから、機会があったらまた買いなおして読んでみようかな・・・
 (;一一)

 

 体重【81.80】kg (またすぐ増えそう・・・)
 歩数【296】歩 (今日はどうでもいいや)

 

 

 ※リンクについてのおことわり:
 記事内の〔AA〕は
「Amazonアソシエイト・プログラム」へのリンクを、〔RA〕は「楽天アフィリエイト」へのリンクを意味しています。
 それ以外のリンクについては出来る限り公式のサイトへリンクするようにしています。公式以外のリンクについてはその旨明記致します。


 ※※TBへのおことわり:
 トラックバックは書き込み後に一端保留され、管理人が内容を確認した後に公開(削除)されます。悪しからずご了承下さいませ。

 

 にほんブログ村 ゲームブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 にほんブログ村 トラコミュ 電気に頼らないゲームへ 電気に頼らないゲーム
 ↑
 お気に召したら「ぽちっ」と押してやって下さい(m。_。)m オネガイシマス
 ランキングだけのサイトと違って、「トラコミュ」って機能が面白いのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月13日 (土曜日)

読めないわ凹むわでグッタリ。

◆今日はゆったりできた土曜日。掃除してから、たまにはアナログゲームでも触ってみるか、とふと触れたのはアドバンスト・トブルク(←『ええげーむ』の販売サイトへ飛びます)

 第二次世界大戦での北アフリカの戦闘を扱った戦術級のゲームです。そういえば最後にシミュレーションウォーゲームのルールを読んだのはいつだったか、などと思いながらルールブックを繰ると ・ ・ ・ 

 

 

難しくて頭に入らない OTZ

 

 こんなに難しかったかな~( ̄Д ̄;;

 

 で、では気を取り直して、ウォーハンマーRPGのルールを読み込んでみようかとルールを繰ると ・ ・ ・ 

 

 

あまりに暗い世界観に凹む OTZ

 

 暗いのは知ってるし、そこが良い所なのですが、ちょっと今日の気分には合わなかったみたい。

 

 なんだかうまくいかないアナログゲームの今宵なのでした。

 あ、PECUNIA NON OLETのルールなら大丈夫か??

 

 

 体重【83.90】kg (もうちょい)
 歩数【882】歩 (さっぱり!)

 

 ※リンクについてのおことわり:
 記事内の〔AA〕は
「Amazonアソシエイト・プログラム」へのリンクを、〔RA〕は「楽天アフィリエイト」へのリンクを意味しています。
 それ以外のリンクについては出来る限り公式のサイトへリンクするようにしています。公式以外のリンクについてはその旨明記致します。


 ※※TBへのおことわり:
 トラックバックは書き込み後に一端保留され、管理人が内容を確認した後に公開(削除)されます。悪しからずご了承下さいませ。

 

 

 ブログランキング・にほんブログ村へ
 にほんブログ村 トラコミュ 電気に頼らないゲームへ 電気に頼らないゲーム
 にほんブログ村 トラコミュ TRPGへ TRPG
 
 ↑
 お気に召したら「ぽちっ」と押してやって下さい(m。_。)m オネガイシマス
 ランキングだけのサイトと違って、「トラコミュ」って機能が面白いのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月12日 (火曜日)

「ヴィンランド・サガ」の視点で「帝国の興亡」を見てみる。

◆最近ずっぽりはまった漫画。幸村誠の「ヴィンランド・サガ」。当代一、無類の強さを誇った戦士の父を持つ主人公トルフィン。その父の仇でアルトリウスの末裔アシェラッド。トルフィンの大叔父でこれまた無類の強さを誇る戦士「背高」トルケル。彼らが戦った当時の欧州はどうなっていたのか。

 ここにちょっとした参考書になりそうなゲームがあります。

 1989年に出版されたホビージャパン社のマルチプレイヤーズゲーム「EMPIRES OF THE MIDDLE AGES 帝国の興亡」です。8世紀から15世紀までのヨーロッパに割拠した様々な国々の君主として競い合うボードゲームです。

 うむ、時代的にもマッチング。

 で、これでちょっと「ヴィンランド・サガ」の舞台となった当時のヨーロッパを盤上に再現してみました。ってほど趣向を凝らしたのではありませんので、あしからずご容赦ください。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月11日 (日曜日)

キュピットの魔方陣に悩む中年。
(サモンナイトDSネタバレです)

◆4月24日より絶賛発売中のサモンナイトDS。目下12話「蒼の派閥 The Visitor」までストーリーを進めています。

 このゲームで楽しいのはやはり「召喚」。色々なアイテムをキーにして召喚獣を呼び出し集めるのです。

 DSオリジナルの要素である「召喚コミュニケーション」。「サモナイトペン」を消費してタッチペンで召喚獣をなでたり突いたりして召喚獣と仲良くなるのです。その結果「お気に入り」に登録した召喚獣は特別な召喚術が使えるようになるので、是非活用したいところ。

 このコミュニケーションの中でも曲者なのが「魔方陣」。

 召喚獣の喜ぶ魔方陣を描いて好感度を上げるのです。

 これがなかなかに難しい。

 初期に入手できる召喚獣ではそれほど難しくなく、五芒星や六芒星の足りない部分をタッチペンで書き加える程度でいいのですが、時には魔方陣を自分で全てを結ばなくてはならない召喚獣もあるのです。

 それがキュピット

 プレイ序盤で手に入るのですが、この召喚コミュニケーションの魔方陣が難物でした。単体にしか効果の無い攻撃召喚術なのですが、効果も高く射程も長いこいつを「お気に入り」にしてMP消費量を減らしたい思惑もありいろいろ試してみました。

 私はもう30本ぐらいサモナイトペンを消費して挫折。序盤ですからサモナイトペンを作る為のサモナイト石を集めるだけで大変なのですから、これが相当にキツイのです。

 で、とうとう人に頼ってしまいました。心の弱いボクを許してママン。

 ご教授いただいたのは「サモンナイト攻略掲示板」

 いやはや、今のお子様たちは積極的で・・・(あ、アーサー?)じゃなくて進んでいてスゴイですねー。

 で、その解答を転載しました。

 ご覧になりたい方は以下の「続きを読む」にて!!
 ↓ρ(´ー`) コレ

 

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月17日 (日曜日)

ココログ、はじめました

 え~、コホン。

 このたびココログを始める事になりましたぽこすけです。皆様、どうか一つ宜しくお願い致しますm(_ _)m

 何がどうなっているのか良く判らないのですが、このサイトの仕組みについては実際にやりながら身体で憶えよう、と、まぁこんな感じです。

 一事が万事おっとり型の三日坊主人間なので続けられるかは判りませんが、そこもまぁ呑気な性格が幸して(災いして)全く本人は気にしておりません。

 では改めまして皆様何卒宜しくお願い致しますm(_ _)m

 ぽこすけ

 ブログランキング・にほんブログ村へ
 ↑
 お気に召したら「ぽちっ」と押してやって下さい(m。_。)m オネガイシマス
 トラコミュ機能でみんなとコミュニケーションをしてみましょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)