gamefreak.cocolog-nifty.com > 2007年初夏に羽化した蜻蛉たちとアブラゼミ

コノシメトンボ♀

コノシメトンボ♀

めでたく羽化1頭目。コノシメトンボ(小熨斗目蜻蛉 Sympetrum bacca matutinum)♀
2007/06/20に羽化しました。


シオカラトンボ♀

シオカラトンボ♀

2頭目に羽化したトンボはシオカラトンボ(塩辛蜻蛉? Orthetrum albistylum)♀でした
2007/06/23深夜に羽化しました。
羽化したてでまだ色付いていません。


シオカラトンボ♀その2

シオカラトンボ♀その2

シオカラトンボ♀その2
羽化も無事完全に終了。オスの成熟個体は青くなり粉を吹いたようになります。メスは殆ど色が変わらず「ムギワラトンボ」と呼ばれる事もあります。


ショウジョウトンボ♂

ショウジョウトンボ♂

2007/06/27の羽化3頭目。ショウジョウトンボ(猩猩蜻蛉 Crocothemis servilia mariannae) ♂ ちょっと珍しいかも。少し小柄で成熟個体は全身が真っ赤っ赤になります。


ショウジョウトンボ♂ その2

ショウジョウトンボ♂ その2

未成熟個体の全身は黄色。翅の付け根はきれいなあめ色です。


シオカラトンボ♂(?)

シオカラトンボ♂(?)

2007/07/05に羽化した4頭目のトンボはまたもやシオカラトンボ(Orthetrum albistylum)です。ウチでは2頭目のシオカラトンボです。


シオカラトンボ♂(?)その2

シオカラトンボ♂(?)その2

腹端が白いので♀のような感じもします。


シオカラトンボ♂(?)その3

シオカラトンボ♂(?)その3

ここから見ると胸と腹の間に♂特有の「交接器」があるように見えます。一方、♂でも腹端が白い固体もあると言うことなので、♂の可能性が高いと思われます。


ナツアカネ♂

ナツアカネ♂

最後に羽化したナツアカネ(夏茜 Sympetrum darwinianum)♂です。2007/07/08早朝に羽化しました。


ナツアカネ顔面

ナツアカネ顔面

複眼の間は狭いかくっ付いているように見えます。眉斑もなし。


ナツアカネ、上面から

ナツアカネ、上面から

いわゆる赤とんぼの中では小柄らしく、我が家の羽化個体としても最小と思いました。実際測っていないのでよく分かりませんが。来年は全長も測ってみます。


壁をつたって

壁をつたって

 2007年8月12日に羽化したアブラゼミです。
 壁づたいに地上40cmほどのところで停止。ここで羽化をするようです。


羽化開始

羽化開始

 いよいよ羽化開始です。
 背中の皮を破って身体を押し出していきます。


ここまでは順調

ここまでは順調

 瞬く間に身体の4割ほどがあらわになりました。ここまでは順調なようです。


ここからが大変

ここからが大変

 背をそらして身体の残りを殻から出しはじめます。


落ちないの?

落ちないの?

 こんなに背を反らして落ちないの? と見ている方はドキドキです。


殻を掴もうと・・・

殻を掴もうと・・・

 ここで殻に掴まって身体の残りを出そうとするのですが、殻が不安定なので難渋しています。


身体が全て出ました

身体が全て出ました

 手伝ってやって、木の枝に掴ませてようやく身体の全てを殻から出せました。これから身体を乾かすと同時に体液を身体に巡らせます。


そして羽化完了!

そして羽化完了!

 身体もほぼ乾き、飛ぶ準備もほぼ整いました。こののち短い成虫時期の夏を謳歌してセミの一生は終わります。